カードの使い過ぎで限度額いっぱいに・・・

医療に役立てられている酵素

酵素の中には、医薬品として用いられているものも多々あります。
局所投薬剤は手術後あるいは外傷後の傷口を消炎するために用いられるものであり、フィブリノリシン、トロンビン、トリプシン、キモトリプシン、ストレプトキナーゼなどの酵素が役立てられていることが知られています。また、細菌に由来するセラチアペプチターゼなどのたんぱく質分解酵素や多糖類を分解するリゾチームなどにも治癒効果があることが知られてきています。
経口消化酵素剤も酵素医薬として広く利用されてきたものであり、アミラーゼ、リパーゼ、プロテアーゼなどが知られています。おすすめの方法→断食ダイエット詳しくはここを見てください。

 

代謝を調節するための酵素には、脳などの血管を拡張させるカリクレイン、低酸素状態を起こしたときに使用されるシトクロムc、動脈硬化や高脂血症に有効なブタ由来のエラスターゼなどがあります。血液中のコレステロールを低下させる効果があるスタチンはコウジカビの酵素から見つかったものが最初となっています。